まさに秘湯!黒薙温泉【富山県の温泉】の写真

スポンサーリンク

黒部峡谷鉄道のトロッコ電車で、黒薙温泉駅で降りて更にそこから歩いて行かないといけない、まさに秘湯!と言えるのが黒薙温泉です。

富山県 黒薙温泉

kuronagi002

kuronagi003

kuronagi004

kuronagi005

kuronagi006

kuronagi007

kuronagi008

kuronagi009

kuronagi010

kuronagi011

kuronagi012

kuronagi013

kuronagi014

kuronagi015

kuronagi016

kuronagi017

kuronagi018

kuronagi020

kuronagi021

kuronagi022

kuronagi023

kuronagi024

kuronagi025

kuronagi026

kuronagi027

kuronagi028

kuronagi029

kuronagi030

kuronagi031

kuronagi032

kuronagi033

kuronagi034

kuronagi035

kuronagi036

kuronagi037

kuronagi038

kuronagi039

kuronagi040

kuronagi041

kuronagi042

kuronagi043

kuronagi044

kuronagi048

kuronagi049

kuronagi050

参考
トロッコ電車と徒歩でいく秘湯の混浴!黒薙温泉【富山県の温泉】
上記参考記事のサイトの記事の転載は禁止です。

この宿の特徴

山の中にある温泉であり、歩いてしかいけない温泉だけに極端に混み合う事が少ない温泉です。歩いてしかいけないと言っても600mほどの距離なのでそんなに大変な訳ではありません。しかし山道を歩くのでヒールの高い靴で行くのは危険です。最低限、スニーカーで行く事をお薦めします。お風呂は混浴と女性専用露天風呂、男女別内湯があります。宿泊をすると混浴露天風呂の女性専用時間もあります。またその時間は女性専用露天風呂は男性専用の露天風呂になるので両方に入る事が出来るのが嬉しいところです。

スポンサーリンク
鈴木こあら

鈴木こあら管理人・運営者

投稿者プロフィール

このサイトの管理人 鈴木こあら です。
ウェブ解析士 / 温泉ソムリエ
今まで入った温泉の数は約600箇所。暇とお金があれば温泉にずっと入っていたいけど、暇とお金が無いのであまり入れていません。

ライターとしての活動もしています。お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最初に必ずお読み下さい

ピックアップ記事

  1. 湯泉地温泉 やど湯の里

    湯泉地温泉 やど湯の里【奈良県の温泉】の写真

    奈良県の中でもアクセスが悪いのが十津川温泉郷ではないでしょうか?反面、手付かずの自然が数多く残ってお…
  2. 湯野上温泉 河原の露天風呂

    湯野上温泉 河原の露天風呂【福島県の温泉】の写真

    福島県の湯野上温泉に以前あった、河原の露天風呂。今は閉鎖されてしまった温泉です。 …
  3. 高湯温泉 安達屋旅館

    高湯温泉 安達屋旅館 【福島県の温泉】の写真

    福島県お高湯温泉は硫黄香る温泉街として人気の温泉地です。その中で広い混浴露天風呂のある安達屋旅館は特…
  4. 白鳥温泉 上湯

    白鳥温泉 上湯【宮崎県の温泉】の写真

    白鳥(しらとり)温泉は、宮崎県にある温泉です。霧島から大分県に向かう途中にあるえびの高原にある温泉で…
  5. 芦ノ牧温泉 大川荘【福島県の温泉】の写真

    会津若松市の外れにある芦ノ牧温泉。ここで最近人気の宿が大川荘です。その理由は「たな田」と呼ばれる棚田…
  6. 燕温泉 河原の湯

    燕温泉「河原の湯」「黄金の湯」【新潟県の温泉】の写真

    *「サイト名」とリンクを入れていただければこちらの写真は無料でお使いいただけます。詳しくはこちらをお…
  7. 四万温泉 積善館本館 元禄の湯

    四万温泉 積善館本館 温泉編【群馬県の温泉】の写真

    人気の温泉宿 積善館。一番人気の元禄の湯は撮影禁止ですが、撮影許可をとっています。アンティークな雰囲…
  8. 新穂高温泉 新穂高の湯

    新穂高温泉 新穂高の湯【岐阜県の温泉】の写真

    岐阜県で人気の温泉郷、奥飛騨温泉郷。その中でも人気が高い新穂高温泉の象徴とも言えるのが「新穂高の湯」…

カテゴリー

ページ上部へ戻る