あしかがフラワーパーク【栃木県の絶景】の写真

スポンサーリンク

栃木県にあるあしかがフラワーパークは例年4月下旬から5月中旬にかけて人気の絶景スポットになります。2014年、CNNが選ぶ『世界の夢の旅行先9カ所』に日本で唯一選ばれた事もあり今年2015年は更に人気が出ると思います。

天然記念物の大藤

あしかがフラワーパーク
あしかがフラワーパーク

IMG_6001

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

風に揺れると物凄く幻想的でした。やや散った時でもすごく綺麗で満開の時ならものすごいでしょうね。

白藤のトンネル

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

白藤が光を浴びてすごくキラキラとしていました。

黄藤のトンネル

あしかがフラワーパーク

まるで宮﨑駿の映画のワンシーンのような黄藤のトンネル。

藤ソフトクリーム・他の写真

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

参考
CNNが選ぶ『世界の夢の旅行先9カ所』日本で唯一の「あしかがフラワーパーク」【栃木県の絶景】
上記参考記事のサイトの記事の転載は禁止です。

あしかがフラワーパークについて

あしかがフラワーパークの面白いところは花の状態によって入場料が変わるところです。300円から1700円の間で変化します。藤の花が満開の時は最高値の1700円、冬場のあまり花の無い時期は300円というようになっています。あしかがフラワーパークのホームページでその日の入場料が掲載されているので、行く前に入場料を確認して高い日に行くのが良いというテーマパークです。

なお、日によってはかなり渋滞が発生するので早目にいかれる事をお薦めします。もしくは遅めにいってライトアップを見るか。

あしかがフラワーパーク公式サイト

スポンサーリンク
鈴木こあら

鈴木こあら管理人・運営者

投稿者プロフィール

このサイトの管理人 鈴木こあら です。
ウェブ解析士 / 温泉ソムリエ
今まで入った温泉の数は約600箇所。暇とお金があれば温泉にずっと入っていたいけど、暇とお金が無いのであまり入れていません。

ライターとしての活動もしています。お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最初に必ずお読み下さい

ピックアップ記事

  1. 松島温泉 ホテル絶景の館

    松島温泉 ホテル絶景の館【宮城県の温泉】の写真

    松島にあるホテル 「ホテル絶景の館」は公式サイトのドメインが「zekkei.jp」となっている、松島…
  2. 潮崎温泉 ホテルニューアワジ プラザ淡路島

    潮崎温泉 ホテルニューアワジ プラザ淡路島【兵庫県の温泉】の写真

    兵庫県 淡路島にある温泉もあるリゾートホテル「ホテルニューアワジ プラザ淡路島」の写真です。泊まった…
  3. 銀山温泉 能登屋旅館

    銀山温泉 能登屋旅館【山形県の温泉】の写真

    冬に訪れたい綺麗な街並みの温泉街と言えば、やはり銀山温泉では無いでしょうか?その中でも特に人気の宿が…
  4. 五浦温泉 五浦観光ホテル 別館 大観荘

    五浦温泉 五浦観光ホテル 別館 大観荘【茨城県の温泉】の温泉

    茨城県はあまり温泉の話題の話題にのぼらない都道府県ですが、、温泉大国日本、やはり良い温泉が茨城県にも…
  5. 赤石温泉 混浴露天風呂

    赤石温泉【山梨県の温泉】の写真

    山梨県にある温泉宿、赤石温泉の写真です。混浴の露天風呂、混浴の内湯が有名な温泉宿です。日本秘湯を守る…
  6. 燕温泉 河原の湯

    燕温泉「河原の湯」「黄金の湯」【新潟県の温泉】の写真

    *「サイト名」とリンクを入れていただければこちらの写真は無料でお使いいただけます。詳しくはこちらをお…
  7. 富山県 黒薙温泉

    まさに秘湯!黒薙温泉【富山県の温泉】の写真

    黒部峡谷鉄道のトロッコ電車で、黒薙温泉駅で降りて更にそこから歩いて行かないといけない、まさに秘湯!と…
  8. 武雄温泉 桜田門

    武雄温泉「元湯」「蓬莱湯」「鷺乃湯」【佐賀県の温泉】の写真

    国の重要文化財にもなっている武雄温泉の桜田門と新館は1度は見ておきたい場所です。更に門を通って入ると…

カテゴリー

ページ上部へ戻る