花巻温泉郷 大沢温泉【岩手県の温泉】の写真

スポンサーリンク

岩手県の花巻温泉郷はアクセスの良い温泉郷でいろいろな温泉を楽しめる温泉郷です。その中の1つ大沢温泉は自炊部も残る情緒ある温泉宿です。日帰り入浴でも4箇所以上のお風呂に入れて湯巡りも楽しい温泉宿です。

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

花巻温泉郷 大沢温泉

参考
湯巡りが楽しい!花巻温泉郷 大沢温泉【岩手県の温泉】
上記参考記事のサイトの記事の転載は禁止です。

この温泉の特徴

この温泉の面白いところはタイプの違う宿が3種類ある事です。「大沢温泉 自炊部」「大沢温泉 菊水館」「大沢温泉 山水閣」という3つの宿がまとまってあります。日帰り入浴では自炊部と菊水館の温泉には入る事が出来ますが、山水閣では「豊沢の湯」のみとなります。それでも全部の宿の温泉に入れる日帰り入浴はお得感があります。

混浴の温泉

そしてこの宿の名物の温泉は「大沢の湯」と呼ばれる混浴露天風呂です。開放感がありすぎて女性は入るのがかなり厳しい露天風呂です。橋からも丸見えです。しかし川を見ながらのんびりとはいるのには本当に良い温泉です。宿泊であれば女性専用時間もあるので、女性も入る事は出来ます。

スポンサーリンク
鈴木こあら

鈴木こあら管理人・運営者

投稿者プロフィール

このサイトの管理人 鈴木こあら です。
ウェブ解析士 / 温泉ソムリエ
今まで入った温泉の数は約600箇所。暇とお金があれば温泉にずっと入っていたいけど、暇とお金が無いのであまり入れていません。

ライターとしての活動もしています。お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最初に必ずお読み下さい

ピックアップ記事

  1. 五浦温泉 五浦観光ホテル 別館 大観荘

    五浦温泉 五浦観光ホテル 別館 大観荘【茨城県の温泉】の温泉

    茨城県はあまり温泉の話題の話題にのぼらない都道府県ですが、、温泉大国日本、やはり良い温泉が茨城県にも…
  2. 富山県 黒薙温泉

    まさに秘湯!黒薙温泉【富山県の温泉】の写真

    黒部峡谷鉄道のトロッコ電車で、黒薙温泉駅で降りて更にそこから歩いて行かないといけない、まさに秘湯!と…
  3. 武雄温泉 桜田門

    武雄温泉「元湯」「蓬莱湯」「鷺乃湯」【佐賀県の温泉】の写真

    国の重要文化財にもなっている武雄温泉の桜田門と新館は1度は見ておきたい場所です。更に門を通って入ると…
  4. 松川温泉 松楓荘【岩手県の温泉】の写真

    岩手県の八幡平にある小さな温泉地 松川温泉には3つの温泉宿が点在しています。その中でも有名なのが洞窟…
  5. 馬曲温泉 望郷の湯

    馬曲温泉 望郷の湯【長野県の温泉】の写真

    ご使用の前にこちらをお読み下さい。 長野県の北信州にある馬曲温泉 望郷の湯は絶景の露天風呂があ…
  6. 二岐温泉 大丸あすなろ荘

    二岐温泉 大丸あすなろ荘【福島県の温泉】の無料で使える写真

    ご使用の前にこちらをお読み下さい。 福島県にある二岐温泉 大丸あすなろ荘は、現在の「日本秘湯を…
  7. 湯野上温泉 河原の露天風呂

    湯野上温泉 河原の露天風呂【福島県の温泉】の写真

    福島県の湯野上温泉に以前あった、河原の露天風呂。今は閉鎖されてしまった温泉です。 …
  8. 富山県 釣鐘温泉

    半野湯の混浴露天風呂!鐘釣温泉【富山県の温泉】の写真

    黒部峡谷鉄道のトロッコ電車と舗装された道を少し歩いて行く鐘釣温泉は、開放感が溢れすぎていて入るのに躊…

カテゴリー

ページ上部へ戻る