乳頭温泉郷 黒湯温泉を除きアップしています。

スポンサーリンク

乳頭温泉郷 鶴の湯

大好きな温泉郷の1つ、乳頭温泉郷。7つの温泉がそれぞれ個性的で人気の温泉郷となっています。

その乳頭温泉郷の写真を黒湯温泉を除いてすべてアップしました。

なぜ黒湯温泉だけ無いかと言えば、デジカメを購入する前に入った温泉だから(^_^;) 単に理由はそれだけです。

ここで乳頭温泉郷のアップしたものをまとめてみました。

鶴の湯温泉


乳頭温泉郷 鶴の湯温泉【秋田県の温泉】の写真

乳頭温泉郷の中でもっとも人気がある温泉宿です。何度か泊まっていますが何度も泊まりたい温泉宿です。

今は撮影禁止になっているので撮影が出来なくなった温泉宿です。突然来て、露天風呂でバシャバシャ撮影されたら良い気分はしませんからね。

妙乃湯


乳頭温泉郷 妙乃湯【秋田県の温泉】の写真

女性に1番人気と言えばここでしょう。和モダンな宿は女性好みに演出されています。というのも経営者が女性だからという事もあるでしょうね。

蟹場温泉


乳頭温泉郷 蟹場温泉【秋田県の温泉】の写真

森林浴をしながら入れる混浴露天風呂が人気です。宿から一旦外にでますが、この先に本当に露天風呂なんてあるの?と一瞬思ってしまいます。

大釜温泉


乳頭温泉郷 大釜温泉 大釜温泉旅館【秋田県の温泉】の写真

大釜温泉は廃校になった校舎を移築した建物でノスタルジックな雰囲気のする温泉宿です。食事のお知らせも懐かしく感じます。

孫六温泉


乳頭温泉郷 孫六温泉【秋田県の温泉】の写真

乳頭温泉郷で唯一、宿の前に駐車場が無い温泉宿です。

少し歩かないといけないため、秘湯ムードが高まります。

休暇村 乳頭温泉郷


乳頭温泉郷 休暇村 乳頭温泉郷【秋田県の温泉】の写真

乳頭温泉郷の中でもっとも近代的な建物なのがここです。ベッドの部屋もあります。気軽に泊まるのなら良いところだと思います。

乳頭温泉郷に行ったのならお薦めの温泉

乳頭温泉郷に行ったのなら、日帰り入浴で入って欲しいのが下記の温泉


田沢湖高原温泉 アルパこまくさ【秋田県の温泉】の写真

田沢湖一望の露天風呂からの景色はまさに絶景!素晴らしい景色です。是非ここには立ち寄って下さい。

また、是非秋田の素晴らしい温泉を紹介して下さい。

スポンサーリンク
鈴木こあら

鈴木こあら管理人・運営者

投稿者プロフィール

このサイトの管理人 鈴木こあら です。
ウェブ解析士 / 温泉ソムリエ
今まで入った温泉の数は約600箇所。暇とお金があれば温泉にずっと入っていたいけど、暇とお金が無いのであまり入れていません。

ライターとしての活動もしています。お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最初に必ずお読み下さい

ピックアップ記事

  1. 和山温泉 仁成館

    和山温泉 仁成館【長野県の温泉】の写真

    長野県と新潟県にまたがる秘境 秋山郷。そこにある和山温泉 仁成館の露天風呂からの眺めはまさに絶景!感…
  2. 乳頭温泉郷 鶴の湯

    乳頭温泉郷 鶴の湯温泉【秋田県の温泉】の写真

    秋田 乳頭温泉郷 鶴の湯温泉と言えば、1度は聞いた事がある温泉ではないでしょうか?白濁した露天風呂に…
  3. 富山県 名剣温泉

    トロッコ電車でいく温泉宿!名剣温泉【富山県の温泉】の写真

    黒部峡谷鉄道のトロッコ電車の終点駅、欅平駅から歩いて15分ほどの距離にある温泉宿 名剣温泉です。日本…
  4. 川湯温泉 仙人風呂

    川湯温泉 仙人風呂【和歌山県の温泉】の写真

    和歌山県 川湯温泉と言えば冬季限定の混浴露天風呂である「仙人風呂」が有名です。川をせき止めて川底から…
  5. 赤石温泉 混浴露天風呂

    赤石温泉【山梨県の温泉】の写真

    山梨県にある温泉宿、赤石温泉の写真です。混浴の露天風呂、混浴の内湯が有名な温泉宿です。日本秘湯を守る…
  6. 銀山温泉 能登屋旅館

    銀山温泉 能登屋旅館【山形県の温泉】の写真

    冬に訪れたい綺麗な街並みの温泉街と言えば、やはり銀山温泉では無いでしょうか?その中でも特に人気の宿が…
  7. 福渡温泉 不動の湯

    塩原温泉郷 福渡温泉 不動の湯【栃木県の温泉】の写真

    福渡温泉で「岩の湯」を紹介していますが、その奥にも200円で入れる素晴らしい温泉があります。それが不…
  8. 富山県 黒薙温泉

    まさに秘湯!黒薙温泉【富山県の温泉】の写真

    黒部峡谷鉄道のトロッコ電車で、黒薙温泉駅で降りて更にそこから歩いて行かないといけない、まさに秘湯!と…

カテゴリー

ページ上部へ戻る